薬の正しい飲み方を理解しよう

効果を最大限に発揮する

いつ薬を服用すれば良いのか、薬剤師から聞いてください。
決められた時間を守って服用しないと、効果を発揮できません。
中には、タイミングを詳しく説明してくれない薬剤師も見られるので注意してください。
また、正しい効果を発揮するためには量も重要です。
薬は、たくさん飲めば良いというわけではありません。
量が多過ぎると、身体にとって毒になる可能性があります。

良い調剤薬局であれば、薬剤師が1回の適正な量も教えてくれます。
それを必ず守って服用してください。
多過ぎても、少な過ぎてもいけません。
もし薬を服用するタイミングを忘れそうだと思ったら、メモしておくのがおすすめです。
目立つところにメモを貼っていれば、忘れないでしょう。

基本的に水で服用する

薬は、ジュースやお茶で服用しないでください。
基本的に水で飲むことがルールです。
ジュースやお茶だと、含まれている成分が変化してしまう可能性があります。
しかし薬を飲むのが苦手で、水以外のものでなければ飲めないという人がいると思います。
その場合は薬剤師に相談して、薬を飲むためのゼリーなどがないか探してください。

調剤薬局では、そのような製品も販売しています。
特に、子供は薬を飲むことを嫌がるかもしれません。
イチゴやブドウなどの味があるゼリーと一緒に飲めば、スムーズに服用できると思います。
錠剤や粉薬専用のゼリーがあるので、薬剤師に最もふさわしい製品を紹介してもらいましょう。
恥ずかしがらずに、聞いてください。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ